住宅

設計・工事監理の進め方

戸建住宅の新築工事での一般的な例を挙げさせていただいております。建物の用途や諸条件により設計・工事監理の進め方が異なる場合がございます。また、建物竣工までにここに記載の無い必要事項等もございますのであくまでもご参考としてご覧下さい。     

初回ご相談

ご相談

・Eメールかお電話で事前にご連絡下さい。
・当社へのご質問や建物の建築に関するご相談を承ります。
・土地購入前で新築をお考えになっている土地についても適切なアドバイスを致します。
・土地をお探しの方はご要望をお伺いし不動産業者をご紹介致します。


お打合せ・基本設計

・敷地測量図やイメージ写真、間取りスケッチなど建主様からご提供いただいた資料やお聞きした内容等をもとに間取りプランを作成致します。ご要望の内容等によっては複数案をご提示する場合がございます。
・間取りプランをたたき台としてお打合せを重ね、間取りプランを詰めていきます。お打合せをしていくことにより当初とは大きく異なるプランとなることもあります。
・当社は間取りプランこそ住まいづくりの要であり建築士が最も注力するべきところと考えておりますので無料でのプランのご提示は致しておりません。
・ご家族でよく話し合い、ご要望事項に優先順位をつけてまとめておくことがとても重要となります。


実施設計

設計

・基本設計(平面図、立面図、断面図)ができましたら実施設計に入ります。仕上げや細かいデザイン、機器などの具体的な内容・仕様を図面に描き上げていきます。構造図や電気などの設備図も作成します。
・家具の内部の仕様やコンセント、照明スイッチの位置等細部にわたってご相談の上決定致します。きめ細やかなご対応を心がけております。
・実施図面が完了しましたら、お客様に詳細に渡って説明させていただきます。内容を確認していただき、その際に変更があれば修正を行います。


見積依頼・業者選定・工事契約

・建物の構造や規模に応じて選定した建設会社数社に工事費の見積りをお願いして相見積りをします。
・各ハウスメーカー等の異なる図面(仕様)に対する見積もりの比較ではなく、全社共通の図面に対する相見積りですので各社のがんばり具合が分かり易く明解です。
・工事費の調整が必要な場合は建主様と建設会社と相談しながら工事費を調整し、合わせて図面の変更を行います。
・建主様と建設会社とで工事契約を結んでいただきます。


工事着工・工事監理

工事

・確認申請や建築に関するその他許可申請作業等必要な作業も当社で行い、それらが完了したら工事着工となります(確認申請やその他許可申請作業のタイミングはケースバイケースです)。
・工事監理とは工事が設計図通り実施されているか確認する業務のことです。例えば鉄筋が適切な位置に適正な本数施工されているかやコンクリートの品質等のチェックを行う重要な業務です。これを怠っては良い家はできません。 また、一般の方にはあまり知られていませんが建物を建てる際には家具や窓等の施工図面や鉄筋コンクリート造の建物を建てる際に作成される躯体図という図面があります。それらをチェックし現場に指示することも工事監理の仕事の1つです。
・建築設計事務所の行う「工事監理」は「監理」であり「管理」ではありません。工事の工程を決めたり現場を指揮したりする工事の管理は建設会社が行います。


建物竣工・お引渡し

竣工

・必要に応じて実際に現場に赴き工事のチェックを行っていきますが工事が完了した段階で当社による検査を行います。問題の所があった場合は手直し工事を指示します。
・この検査の前後には、役所・民間確認検査機関による完了検査もあります。検査済証が交付されますとお引越しをすることができます。建主様と建築士と建設会社立会いによる検査も行います。
・建物のお引渡しを行います。鍵や取扱説明書、保証書などが建設会社から建主様に渡されます。